― お知らせ・活動予定 ―


女たちの縄文野焼き作品展
‐すべての生命を抱きたい‐

【期 間】2016年6月1日(水)~8月28日(日)       
【縄文女子トーク】6月28日(火)午後1時~(展示室と創作館にて)
縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展チラシ表面
縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展チラシ裏面
【女たちの縄文野焼き作品展チラシ】 →PDF版を開く

【出品者】(敬称略・五十音順)

 縄文野焼き作品…青木淳子(岡山市)/荒川悠(総社市)/石丸裕子(香川県)/枝光恵理(赤磐市)

  大岡千尋(岡山市)/大前裕美(香川県)/小川ひかる(矢掛町)/小野真由美(岡山市)

  小林テレサ(倉敷市)/庄野奏(岡山市)/民家幸世(鳥取市)/千葉麻由(総社市)/中山裕那(岡山市)

  藤井古野富(新見市)/本城江利(総社市)/森山佳枝(岡山市)/山口和子(岡山市)

  安福奈津子(岡山市)/山下千代子(新見市)/米本久美子(岡山市)/わせなつみ(総社市)

 詩…今井文世(備前市)

 絵画…小川千夏(矢掛町)

 染織…むらかみよしこ(新見市)


「縄文土器は女性たちが作っていたの」

「その造形には母なる大地から生まれる、すべての生命を育んで抱き繋いでいく縄文のスピリットがあるの」

「“女たちの縄文野焼き”を実現したい!」


 ――猪風来美術館陶芸教室で土器作りを体験し、1万年以上続いた縄文時代の豊かな精神世界に学ぶうちに
自然と女たちから声が上がり、いまその挑戦が始まりました。

 『縄文野焼きの心と技を学ぼう』と題した猪風来縄文塾を通して学んだ天と地、太陽と風と火の力をかりた
縄文野焼きの実践。

 そして迎えた4月29日『春の縄文野焼き祭り』、わが身を火の前に投げ出しつつ炎の中で土器が命を宿して
生まれてくる瞬間の感動を分かち合いました。

 野炉から生まれたばかりの熱気に満ちた土器・土偶の愛おしさ、全身で感受する大地や自然との一体感。

 歩き出したばかりの「女たちの縄文」のはじめの一歩、しかし確かな足音が大地に響いています。

 24人の女たちの作品約130点を展示。どうぞご覧下さい。


=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


  《縄文女子トーク》


 作者による作品の解説と縄文への思いを語る会。

 女たちの縄文野焼きに興味のある方、男性もぜひご参加を!


 午後1時~

 第一部(展示室)…作者による作品解説

 第二部(創作館)…縄文女子茶話会


※参加無料・定員なし(美術館入館料が必要です)

 差し入れ大歓迎です!



▲ページ先頭に戻る

縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展

【期 間】2016年4月23日(土)~6月12日(日)  
    (ギャラリートーク 4月23日(土)13:30~)
【会 場】新潟県津南町・農と縄文の体験実習館「なじょもん」
縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展チラシ表面
縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展チラシ裏面
【縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展チラシ】 →PDF版を開く

 → 縄文スパイラル・ノヴァ 村上原野展 (公式サイト)


■開館時間 午前9:00~午後5:00

■休館日  月曜日(月曜休日の場合は翌日)

■入館料  無料

■お問い合わせ先 農と縄文の体験実習館「なじょもん」

         〒949-8201 新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡乙835

         TEL/FAX 025-765-5511


=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


 野山を歩くと渦巻く風と流れる雲、うねる山稜とささやきあう木々、それらに精霊を見る。

 その姿を写しとると文様が生まれる。

 大地に火を熾し、縄文野焼きの炎から土器はあらたな命を宿して生まれてくる。

 土器を見るものは文様から精霊の姿を知り、また大自然の中にそれを見つける――いにしえから連綿と続く
祈りの世界観のサイクルが、縄文の美を育んできたのだと感じる。

 そこに私の原風景がある。


 私は北海道の原野に生まれ、幼少時代を竪穴住居に暮らして空気のように縄文に触れてきました。

 修行に入ってはひたすら縄文土器の模写を通してその心技と息づかいを学び、いま創造の世界にのめりこんで
います。

 縄文のスピリットに基づきながら現代に生きる己の感性で土と炎と大自然に向き合い、縄文の新時代の美を
求めてゆく。

 やがて皆がそれを感じ、縄文のあたらしい渦が新星のように生まれてゆく時代――スパイラル・ノヴァの
おとずれを予感しています。


 私が新潟をはじめて訪れたのは県立歴史博物館の開館のときで、丁度滞在中に火焔型土器の発掘の瞬間に立ち
会う幸運にめぐり逢いました。

 大地からむき出した時空を越える魂の造形に芯がゆすぶられたのを覚えています。

 その後なじょもんを訪れ、出土品の再現をしたり、土器づくりと野焼きの体験指導をする縁を得ました。

 そして今回、火焔土器王国・津南のなじょもんで縄文アートの個展を開けることは私の作家人生のエポックです。

 縄文に感応する方々に、ぜひ今ここにある縄文の息吹を感じていたければ嬉しいです。


=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=


 【村上原野 -Profile-】


 縄文造形家

 岡山県新見市在住

 1987年生まれ(28歳)

 猪風来美術館(新見市法曽陶芸館) 陶芸指導員


 縄文土器・土偶の徹底的な模写を通して体得した縄文の“心と技”を基盤に独自のニュー縄文造形作品を創作。

 縄文野焼き作品とともに、地元法曽の土を用いた法曽焼のアート作品を制作し、いにしえの技法の新たな
可能性を追求する

 また地元での陶芸教室や毎年二回『縄文野焼き祭り』での縄文野焼きの指導・実演など、県内外での普及
活動も継続的に行っている。

 近年では若手縄文アーティストらと『ARTs of JOMON』展を国内外で展開するほか、3DCGやイラストレー
ションなど他ジャンル作家とのコラボレーション作品も制作している。


 【略歴】

 1987 年 北海道の原野に生まれる。

 2008 年 札幌市立高等専門学校インダストリアルデザイン科卒業後、岡山に移住。

 2010 年 新見市に移住。猪風来に師事し、縄文の技法と精神を体得すべく修行に入る。

 2011 年 『村上原野 縄文土器展 ハロ-、縄文!』(猪風来美術館) 個展。

 2012 年 「農と縄文の体験実習館なじょもん」(新潟県津南町) で猪風来とともに縄文野焼き指導・実演。

 〃    『村上原野 縄文土偶展 いとしの土偶たち』(猪風来美術館) 個展。

 2014 年 『ARTs of JOMON in AOMORI』(青森県立美術館コミュニティギャラリー) 出品。

 〃    『ニュー縄文アート 村上原野展―内なる縄文の鼓動を求めて―』(猪風来美術館) 個展。

 2015 年 『Art Nuova展』 (岡山県天神山文化プラザ) 出品。

 〃    『ARTs of JOMON in TOKYO』(東京都南青山 表参道Spiral Garden) 出品。

 〃    『東京町田・縄文アートフェス』(東京都町田市ひなた村) で猪風来とともに縄文野焼き指導・実演。

 〃    『ARTs of JOMON in NIIMI』(新見市まなび広場にいみ小ホール) 出品。

 〃    『Iris展』 (岡山県天神山文化プラザ) 出品。

 〃    『ARTs of JOMON in DENVER』(アメリカコロラド州デンバー国際空港) 出品。

 〃    「Boulder Pottery Lab」(アメリカコロラド州ボルダー市)で猪風来・大薮龍二郎とともに縄文

      Workshopを開催・縄文の道具作りと造形の講師を務める。

 〃    『縄文の美~世界に誇るJOMON芸術~』(山梨県立考古博物館)出品。




山陽新聞 2016.04.17
【山陽新聞 2016.04.17】


▲ページ先頭に戻る

鎮魂と復興を祈念して「縄文いのりの土偶」をつくろう

―東日本大震災への祈り―
縄文いのりの土偶

 このたびの東日本大震災による被災に対しまして、心からのお見舞いと哀悼の意を表します。


 被害地の惨状と深い悲しみの中で、再起を期して心を奮い立たせている被災者の皆様への応援の気持ちをこめて

「縄文いのりの土偶」をつくりませんか?


 古来より縄文の土偶は、豊饒を願い災難をはらい、鎮魂と再生を祈願してつくられたものです。


 猪風来美術館では開館以来、「にぎり地蔵」として願い思いをこめた小さな土偶を、陶芸体験の皆さんに

つくっていただいてきました。

 野焼きしたお地蔵さまは、一部美術館と済渡寺をつなぐ参道の祠におかれ、「野辺の地蔵さまロード」として

みんなの思いをつなぐスポットになっています。


 2010年4月16日に開催された「春の縄文野焼き祭り」の縄文体験コーナー「にぎり地蔵をつくろう」では

『震災地への思いや気持ちをこめて「縄文いのりの土偶」をつくり、被災された方々へ思いをつなげよう』

との趣旨で呼びかけをさせていただきました。


 その際、みなさまに多くのご理解とご賛同をいただきました。

 復興はおそらく、これから長くかかることでしょう。

 そのため「縄文いのりの土偶」づくりの活動もまた、継続していきたいと思っております。


 どうぞ御協力よろしくお願いいたします。


※ 参加費300円は全額、復興義援金として寄付させていただきます。

※ 制作された「縄文いのりの土偶」のご寄付をお願いします。

※ 後日縄文野焼きされた「縄文いのりの土偶」の安置場所は検討させていただきます。



▲ページ先頭に戻る